離婚をする場合マンションはどうなるのか、まずは査定が必要

売却価格は不動産業者によって査定額には違いが出てきます

売却価格は不動産業者によって査定額には違いが出てきます : 離婚をした場合今まで住んでいたマンションはどうするか : 一番良い方法が売却するということ

転勤やライフステージの変化などでの引っ越し、今まで住んでいたマンションを手放す時、まずは不動産業者にいくらくらいで売れるのかということを査定してもらい、その額をもとに売却価格を決めて売り出すことになります。
売却価格はどの不動産業者でも同じではなく、査定額には違いが出てきます。
その業者独自の売買事例データベースと顧客データベースを持っているかどうかの違いと、担当者が慎重かどうかという性格による違いが理由となるからです。
高額査定してもらったので、その業者に依頼をしてその価格通りで売ってもなかなか売れないということもあります。
最終的には売主が売却価格を決めることになるのですが、業者によって変わってくるのでひとつの業者だけを参考にするのではなく複数の業者に依頼をすることが勧められます。
しかしなかなか個人では複数の業者に依頼をする子は難しいので、最近ではインターネットの一括査定などを使って複数の業者に依頼するという方法もあります。
そして複数の業者に売却予定のマンションを詳しくみてもらい金額を出してもらいながら、スタッフの応対の仕方などを見てどの業者に仲介を依頼するかを決めて契約をします。
その際1社に絞らないといけないということはなく、1社だけに任せる場合は「専任媒介契約」または「専属専任媒介契約」といい、複数の業者に依頼する場合は「一般媒介契約」といい、専任にすると2週間に一度、家を見たいという人がいるかどうかなどの活動報告をメールや電話などで知らせてもらうなどのメリットがあります。
依頼をするときはどのように売却の宣伝活動をするのかを確認することも重要です。

マンション査定の相場はどうなっていますか? https://t.co/tuOfPSfFjA

— 車査定博士 (@car_satei) 2019年1月27日

マンション査定不動産・マンションの売却・査定|三菱地所の住まいリレー