離婚をする場合マンションはどうなるのか、まずは査定が必要

一番良い方法が売却するということ

売却価格は不動産業者によって査定額には違いが出てきます : 離婚をした場合今まで住んでいたマンションはどうするか : 一番良い方法が売却するということ

不動産もローンも夫の名義で、そのまま夫が住み続ける場合は、不動産の時価からローンの残額を引いた文が財産分与の対象になるのですが、不動産を購入したのが結婚前の場合で、夫が自分の貯金から頭金を支払ってくれていたらその割合を財産分与の対象となる金額に割り当てて計算します。
たとえば結婚前の不動産を購入時に夫の貯金から頭金を全購入金額の3分の1を出してくれていたら財産分与対象額から3分の1を差し引いた額が共通の財産になりそれが対象になるということです。
次に妻が住み続けるので、不動産の名義と住宅ローンの残額を妻が支払うことになった場合は、どちらも移行手続きが必要になりますが、妻に収入がなければローン審査に受かることは難しいと言えます。
また不動産の名義も住宅ローンも夫のままにして妻が住み続ける場合には、住宅ローンには「契約者本人がその家に住み続ける」ことが銀行など融資先との条件になっているので、夫が住み続けないのにローンだけ支払っているのは契約違反で一括返済をしなければならない時が来る可能性があります。
いくら住んでなくても夫が払い続けるという約束をしても自分が済まない家のために高額なローンを毎月支払うというのには限界がきて滞納をするリスクが出る可能性が高くなり、そうなると連帯債務者の妻が支払わなければならないので、夫の支払いのまま妻が住むというのはリスクが高く危険なことといえるのです。
そこで一番良い方法が売却するということなのです。
売ってしまえばリスクを背負うこともなく、トラブルの原因を作らなくても良いからです。
住宅ローンが残っていても売却をするとローン残額を支払うこともできるので、マイナスの財産を残すこともありません。
住宅ローンが残っていない場合も離婚で財産分与をする場合には、売却をしてお金で財産分与をするか、もしどちらかが住み続けるならば、時価を調べて分与の割合に応じて相手に現金で支払うということになります。